1. HOME
  2. お知らせ
  3. 第49回 信州大学医学部附属病院腎臓病教室の報告

 記事詳細

2017.01.11

第49回 信州大学医学部附属病院腎臓病教室の報告

平成28年12月4日(日)に開催された
腎臓病教室(調理実習)の報告です。

「減塩」をテーマとした献立は

・ 減塩でも美味しいブリ大根
・ ぴりっと春雨スープ
・ りんごのコンポート  でした。

注目はメインメニューのブリ大根!
冬には美味しいブリ大根ですが、
この煮込み料理を減塩でどうやって美味しく作るのか???
そこは当院管理栄養士の知恵、アイデア、腕のみせどころです!

こちらがある班のできあがりの写真です。

できあがり.JPG彩りもバランスも良い感じですが、特に大根の色が程よいアメ色で本格的です。
見た目だけじゃないんです。コクもあり、美味しいと大好評でした。

どうすればこんなブリ大根ができるのか、
その秘密はなんと

カラメルにあり!

そうです、あのプリンにのってるカラメル。
今回ご参加できなかった方も下方のレシピを参照していただき、
ぜひトライしてみてください


ブリもいわゆるアラではなく、切り身を使用したので
臭み消しの下処理が不要で調理も早くできました。

以下実習の様子です。
(個人情報保護上、お顔の部分を隠しております。。。上條先生以外。。。)
調理実習.jpgのサムネール画像
試食の際には、
師範台で作ったカラメルを使わないブリ大根も同時に味わいました。
カラメルを使うとコクが出て美味しさが違うと実感!(スタッフ談)

またレトルトのブリ大根も試食しましたが、やはり市販品は塩分が強めのようです。

以下ご参加者の感想です。

・ 減塩についてs、その大切さや調節のポイント等、わかりやすかった。
・ なごやかな雰囲気でとても良かった。
・ 洋食や中華も扱ってほしい。

調理に先立ち、講義および調理の説明が行われました。
今回の腎臓病教室担当は、橋本医師と管理栄養士の唐澤でした。
IMG_8849.JPG
次回の腎臓病教室は
3月5日(日) キッセイ文化ホールにて講義形式で開催いたします。
調理実習は7月を予定しております。
詳しくはまた当ホームページで案内いたしますので
よろしくお願いいたします。


このページの先頭へ