1. HOME
  2. お知らせ
  3. ニュース
  4. インフルエンザや風邪にご注意下さい!!

ニュース 記事詳細

2009.01.20ニュース

インフルエンザや風邪にご注意下さい!!

みなさん、寒い日が続いています。

風邪など引いていないですか?

最近、インフルエンザや風邪をひいている方が多くなっています。大学でもインフルエンザの患者さんが見受けられるようになってきました。

インフルエンザや重度の風邪をひくことで、腎臓病が悪化することがあります。

その原因としては、発熱や水分摂取不足に伴う脱水であったり、元々の腎臓病自体への悪影響だったり、感染治療に用いる薬剤(解熱鎮痛剤や、一部の抗生剤など)の影響だったりします。

腎機能の良好な保持のためには、感染対策がとっても大事になります。

まずは、食事前や外出から帰宅後の うがい、手洗いを徹底してください。

外出時のマスクの着用も有効です。また周囲への感染拡散予防のために、咳やくしゃみをしている人は積極的にマスクをつけてください

また十分に休息をとり、体力や抵抗力を高めて体調管理して下さい。発熱があるのに無理して仕事をしたり、外に遊びに行くなどもってのほかです。症状が長引く上、周囲に感染を拡散させる可能性があります。具合が悪い時は寝ているのが一番です!(もし仮に当院の職員がインフルエンザにかかったら、解熱してウイルスが陰性になる頃まで強制的に当院停止になります)。

インフルエンザワクチンも即効性はないですが、まだ接種することは可能です。ワクチン接種の希望がある場合はもよりの医療機関を受診して下さい(当院でも接種可能です)。

インフルエンザは、寒く乾燥した環境が大好きです。なるべく部屋を暖め、湿度を50-60%程度に保つのが有効といわれています。

インフルエンザの症状の特徴としては、突然の高熱・ふしぶしの痛み・全身のだるさ などで始まります。突然、高熱が出た場合は、インフルエンザの可能性がありますので、早めに医療機関を受診して下さい。

以上、ご参考頂ければ幸いです。

この冬の間、みなさんがお元気にお過ごしできることを願っています。

このページの先頭へ