1. HOME
  2. お知らせ
  3. ニュース
  4. 塚田先生ありがとうございました。

ニュース 記事詳細

2010.04.06ニュース

塚田先生ありがとうございました。

信州大学附属病院も4月になり、新人医師や新人看護師などが新たに加わり、新しい医療体制でこれからの一年を過ごすことになります。

出会いがあれば別れもあるのがこの世の常であります。

信州大学腎臓内科において長年にわたり活躍して頂いた塚田渉先生が、3月いっぱいで大学での診療を一区切りとすることになりました。

塚田先生においては、腎臓内科診療の中心的な役割を果たされていたことはもちろんのことですが、それ以外にも後輩への指導など大変に貢献して頂きました。

今後は、ご実家である上田腎臓クリニックに就職されることが決まっており、主に東信地区の腎疾患診療にご尽力いただく予定になっております。

また、あらゆる場面で大学と連携をとり、後輩の教育にもご助言いただく予定です。

大学での診療は一旦終了となりますが、今後も、長野県の腎臓医療を支えていく立場であることは変わりありません。

今後の益々のご活躍を期待したいと思います。

塚田先生、今まで本当にありがとうございました!!!

illust1875.png 

このページの先頭へ