1. HOME
  2. お知らせ
  3. Dr.K の弾き語り
  4. サマーコンサート開きました。

Dr.K の弾き語り 記事詳細

2009.08.23Dr.K の弾き語り

サマーコンサート開きました。

みなさん、こんにちは。

8月23日(日曜日)の午後2時から、信大病院東病棟会議室でアコースティックコンサートを開かせてもらいました。

8月23日の午前中は、サイトウ記念フェスティバルの演奏者の中の有志によるコンサートも開かれていたので、患者さんにとっては一日中コンサートが行われている一日になったんじゃないかと思います。

午後のコンサートにも患者さんたちが聴きに来てくれるか不安でしたが、2時ごろになると入院患者さんが次々と足を運んでくれました。

今回も前回と同様、前半と後半に分けて、それぞれ懐かしい曲から比較的新しい曲まで演奏させてもらいました。

今回は、春に行ったコンサートの時にもサポートメンバーとして参加してくれたMr.Hと二人で、ギターとピアノによる男性デュオという形で行いました。

今回は、Mr.Hとのハーモニーを重視した構成にしましたが、ハーモニーをきっちりさせるのはとても難しいので、たくさん練習を必要となりました。今日は、きれいなハーモニーになるのかが不安でしたが、みなさんが気持ちよく聴いてくれたようなのでちょっと一安心です。

今日、演奏した曲目としては、

前半:加茂の流れに(かぐや姫)、涙そうそう(夏川りみ)、少年時代(井上陽水)、想い出がいっぱい(H2O)、スタートライン(馬場俊英)、花(中孝介)、君を忘れない(松山千春)、見上げてごらん夜空の星を(坂本九)

後半:愛の唄(オフコース)、未来予想図II(Dream comes true)、Squall (福山雅治)、青春の影(チューリップ)、One more chance, one more time (山崎まさよし)、風(コブクロ)、蕾(コブクロ)

アンコール:二人の夏のハーモニー(井上陽水と玉置浩二) 以上敬称略

です。

患者さんたちは、我々のつたない演奏でも一生懸命に耳を傾けてくれ、時には涙を流したりもしてくれました。

なかなか完璧な演奏をお届けできないもどかしさはありますが、患者さんたちが少しでも癒されたら我々としてはとても幸せです。

今後も、院内コンサートを続けていこうと思いますので、よろしくお願いします。

ひまわり夏.jpg

 

このページの先頭へ