1. HOME
  2. スタッフ紹介

スタッフ紹介

写真:上條祐司 先生

上條 祐司 先生 Yuji Kamijo
2014年4月から、腎臓内科科長(診療教授)および血液浄化療法部の准教授として腎臓内科診療を束ねています。腎臓病・透析医療・バスキュラーアクセス・腎移植・免疫異常に関わる実施診療のみならず、医学研究や学生・研修医教育においても精力的に活動しています。基礎研究から臨床研究に至るまで幅広い研究対象に興味を持ち、医学研究者として若い医師や学生たちに腎臓内科学の魅力を伝えることを目標にしています。若返った腎臓内科を率い、今後、様々な研究成果を世に発信する予定です。 また、ギターやピアノなどもこなします。不定期に行われる上條先生のコンサートは患者さんからも楽しみにされています。時間があれば皆様も是非聴きにいらして下さい!!
学位・取得専門医
  • 医学博士
  • 日本内科学会 認定医・総合内科専門医・指導医
  • 日本腎臓学会 専門医・指導医・評議員
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 日本アフェレシス学会 専門医
  • 日本リウマチ学会 専門医・指導医
  • 日本臨床腎移植学会 認定医
  • 日本移植学会 認定医

写真:橋本幸始 先生

橋本 幸始 先生 Koji Hashimoto
2014年4月から助教となり、腎臓内科診療に加え学生・研修医の教育も行っています。どんな時でも優しい笑顔のお医者さんです(怒ったところを見たことがありません。怒らせる事は不可能??)。次世代を担うリーダーとして活躍中です。腹膜透析のカテーテル挿入術やシャント手術などの外科手技に関して彼の右に出るものはおらず、難易度の高い手術を淡々とこなしています。また、大学院生の研究指導も行うマルチな才能を発揮しています。どんな過酷な状況でも黙々と耐え忍び臨床もこなす、その姿勢はプロフェッショナルです。
学位・取得専門医
  • 医学博士
  • 日本内科学会 認定医
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 日本腎臓学会 専門医

写真:五味淵泉 先生

五味淵(旧姓 平林) 泉 先生 Izumi Gomibuchi
信州大学腎臓内科の研修後、長野赤十字病院および相澤病院の外勤を経て、信州大学腎臓内科に帰局しました。外勤生活の間に名字が変わりママとなったため、しばらくお休みしていましたが、2013年10月より信大や地域病院での透析診療を中心に復帰しました。家庭を守りつつも継続的に仕事を最大限に行う姿は、多くの女性後輩医師の参考になるに違いありません。現在、火曜日に血液浄化療法部で透析診療をしているので、女学生や女性の初期研修医の先生方は、ぜひ血液浄化療法部にいる泉先生に会いに来てください。
取得専門医
  • 日本内科学会 認定医 

写真:神應太朗 先生

神應 太朗 先生 Taro Kanno
いつもニコニコ、どんな時でもNOとは言わない24時間オンコール、患者さんの為に1日を捧げるパワフルマンです。信州大学腎臓内科の研修後、長野赤十字病院腎臓内科を経て大学に戻ってきました。2012年4月からは、大学院生として、臨床だけでなく研究にも力を注いでいます。きっと、その持前のパワーを研究に生かし、未来の腎・透析医療を切り開いていくに違いありません。
取得専門医
  • 日本内科学会 認定医・総合内科専門医
  • 日本透析医学会 専門医
  • 日本腎臓学会 専門医

写真:原田真 先生

原田 真 先生 Makoto Harada
誰しもを納得させるスマートな考え方とひらめきを併せ持った若きエースです。現在、大学院生として、臨床研究ならびに基礎研究を精力的に行っています。腎臓内科の特性をフルに生かし、全身管理、心腎関連に関する知識を得ることに余念がありません。その頭脳だけでなく、医局野球ではエースピッチャーをするほどの体育会系な実力の持ち主でもあります。さらにはピアノを弾くことも・・・・・。あらゆる面で、これからの腎臓内科を背負っていくことでしょう。
取得専門医
  • 日本内科学会 認定医
  • 日本腎臓学会 専門医

写真:杉山舞 先生

杉山(旧姓 米山) 舞 先生 Mai Sugiyama
信州大学での研修後、長野市民病院の外勤を経て2013年4月に帰局しました。腎臓内科の分野の中でも特に糖尿病診療や透析管理に興味があり、合併症を含めた全身管理ができることを目標としています。帰局後は腎病理についても研鑽を積んでもらっています。小さくて可愛い女性といった印象を持たれがちですが、想像以上のしっかり者です。彼女に任せておけば間違いない!と周囲に思わせる才女です。
取得専門医
  • 日本内科学会 認定医

写真:小川洋平 先生

小川 洋平 先生 Yohei Ogawa
初期研修と後期研修を長野赤十字病院腎臓内科で終えた後、さらなる腎臓病学の探究のために2015年4月から信州大学腎臓内科に入局しました。大学では、腰を据えて腎病理に取り組んだり、腎臓内科的な診療上の疑問点に対し答えを見つけるべく臨床研究や症例解析を行う予定です。加入早々ではありますが、即戦力として臨床の最前線で活躍してもらっています。
取得専門医
  • 日本内科学会 認定医
  • 日本腎臓学会 専門医

写真:園田光佑 先生

園田 光佑 先生 Kosuke Sonoda
信州大学腎臓内科に入局後、関連病院の長野赤十字病院腎臓内科で研鑽を積み2015年4月に帰局しました。2年間の外勤生活の中で、多くの腎臓病・透析患者の診療を経験し、筋力のみならず知力も非常にパワーアップしています。細やかな内科的思考回路を持ちあわせつつ、腎臓病の撲滅や透析医療の改善に向け、 秘めたる闘志を燃やす期待のラガーマンです。
取得専門医
  • 日本内科学会 認定医

写真:大學愛子 先生

山田(旧姓 大學) 愛子 先生 Aiko Yamada
信州大学腎臓内科に入局後、関連病院の長野市民病院腎臓内科で研鑽を積み2015年4月に帰局しました。複雑な病態を経験するたびに、新鮮な驚きと発見することの喜びを感じています。優しさと明るさが全身から溢れているような女医さんですが、地味な努力の積み重ねを惜しまない勉強家でもあります。腎臓内科のアイドルから脱皮し、着実に成長を続ける女性医師です。
取得専門医
  • 日本内科学会 認定医

写真:山口晃典 先生

山口 晃典 先生 Akinori Yamaguchi
初期研修医の際に腎臓病の面白さに気付き信州大学腎臓内科に入局しました。初期研修を行っていた諏訪赤十字病院からの強い要望があり、入局後最初の1年間を諏訪赤十字病院で後期研修を行っていましたが、2013年4月から信州大学腎臓内科に帰局しました。2014年4月から大学院生となり、臨床のみならず研究でも活躍する予定です。学生の頃は、前人未到の東医体競泳部門6連覇を達成した伝説のスイマーでもあります。その潜在能力は、腎臓内科学・透析学分野においても開花するに違いありません。
取得専門医
  • 日本内科学会 認定医

写真:山田 洋輔 先生

山田 洋輔 先生 Yosuke Yamada
腎臓病学の奥深さ、腎臓機能の神秘性、血液浄化療法の圧倒的な臨床効果などに惹かれて腎臓内科に入局しました。学生の頃はバスケ部で大活躍するほどの高身長ですが、診療にあたってはあらゆる部分にまで気を配ることのできる細やかさもあります。腎臓内科学・透析学においてダンクシュートを常に決めるようなポイントゲッターになるに違いありません。
取得専門医
  • 日本内科学会 認定医

写真:藤田 識志 先生

藤田 識志 先生 Satoshi Fujita
慢性腎臓病治療のような慢性病態管理に惹かれて腎臓内科に入局しました。後期研修1年目に諏訪赤十字病院にて腎臓内科・透析医療全般を学んだ後に、2014年4月から大学で勤務することになりました。説得力のある言葉、大人の対応、時々みせるするどいツッコミを持ち味としています。患者さんと良好なコミュニケーションをとりつつ腎臓病患者の全身管理を行うことに強い意欲ももったDr.です。

写真:山崎大樹先生

山崎 大樹 先生 Daiki Yamazaki
2015年4月から古巣の長野市民病院で腎臓内科外勤研修を行うことになりました。温和な性格で、一見すると文化系・・・?と思わせる雰囲気を醸し出していますが、学生の時にはサッカー部でディフェンダーとして活躍していたようです。腎臓内科は体液管理をひたすら行い、病態に対してディフェンスに徹する場面も多い分野なので、今後、医療界の優秀なディフェンダーとして活躍すると思われます。

写真:藤井一聡先生

藤井 一聡 先生 Kazuaki Fujii
2015年4月に長野赤十字病院で腎臓内科外勤研修を行うことになりました。今年帰局した前任の小川先生、園田先生の抜けた穴を埋めるべく現在奮闘中です。一見草食系に見えますが、学生の頃に弓道部で鍛えた精神で様々な局面を乗り越えるに違いないと思われます。将来は、腎臓・透析学の的心を射ることができるサムライとして活躍することを期待しています。

写真:岩淵良平先生

岩淵 良平 先生 Ryohei Iwabuchi
学生の時から腎臓病学に興味を持ち続け、2年間の諏訪赤十字病院での初期研修の後に腎臓内科に入局しました。学生の頃から、ひたすら目標に向かって打ち込む粘り強い性格が持ち味のマラソンランナーで、フルマラソン2時間20分程度で完走する実力者です。どうやら長野県の強化選手でもあるらしいです。腎臓内科学や透析学の金メダルを目指して、学問的にも激走することでしょう。

写真:鈴木智大先生

鈴木 智大 先生 Chihiro Suzuki
2年間の長野市民病院での初期研修中に腎臓内科診療や慢性疾患のマネージメントに興味をもって入局しました。着々と知識を積み上げ物事を考えていく理論派ですが、学生の頃にはバドミントン部で活躍していた体育会系でもあります。診断のツボを押さえ、様々な診療場面においてスマッシュを次々と決めるような腎臓内科医になるに違いありません。

写真:横田杏里先生

横田 杏里 先生 Anri Yokota
1年目の信大での初期研修中に腎臓内科診療に惹かれ、2年目の諏訪赤十字病院研修を経て入局しました。芯はしっかりしていて診療に熱心にとりくみ、周囲にはなごやかな雰囲気をもたらす、腎臓内科の女医さん全体に通じるオーラをすでにまとっている女医さんです。学生の時にはバイオリンも奏でていました。きっと患者さんの心に届くやさしい医療を提供する女医さんになることでしょう。

写真:唐木田三恵

唐木田 三恵 Mie Karakida
2014年より腎臓内科のドクタークラークさんとして勤務してもらっています。また、ドクタークラークとしての勤務時間外には、長野県透析研究会の事務作業も手伝ってもらっています。唐木田さんのおかげで、血液浄化療法部のスタッフルームの居心地が非常によくなっており、腎臓内科医のQOLが格段に向上しました。色々と頼みすぎに注意しなければ・・・と思う今日このごろです。

転任になった先生たち

写真:樋口誠先生

樋口 誠 先生 Makoto Higuchi
(信州大学医学部臨床教授)
腎臓内科科長として長らく信大腎臓内科を支えてきましたが、2014年4月から国立病院機構まつもと医療センターに転任となりました。樋口先生のホームグラウンドは変わりますが、2014年4月以降も信大腎臓内科外来を継続していただくため火曜日の午前中に来院する予定です。今後も長野県腎臓病診療の中核を担って頂く予定です。
学位・取得専門医
  • 医学博士
  • 日本内科学会 認定医・専門医・指導医
  • 日本腎臓学会 専門医・指導医・評議員
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 日本アフェレシス学会 専門医・評議員
  • 日本臨床腎移植学会 認定医・評議員
  • 日本移植学会 認定医

このページの先頭へ